KeiganCoreは複数の KeiganMotor に機能を与えてリアルタイムにコントロールできるアプリケーションです。
作成したロボットは、保存し、共有することができます。

対応バージョン

iOSの対応OSバージョンは 10.2以上、Android の対応OSはバージョン 6.0以上となります。

iOS

Android

 

アプリを使った詳しい動作は KeiganCoreアプリケーション を参照してください。
KeiganMotorとの接続と簡単な動作までは こちらの動画 を参照下さい。

 

起動時の画面

アプリを起動すると、画面下部に5つのタブが登場します。それぞれタップすると、各画面に移動します。

Edit ロボットプログラムの作成や編集、保存を行います。簡単なモーター動作も可能です。
Play Edit で編集したロボットを、リアルタイムに操作するコントロール画面です。
Pairing KeiganMotor と Bluetooth Low Energy で接続するための画面です。
List Edit で編集したロボットを、読み出し、共有するための画面です。テンプレート(見本)をダウンロードすることもできます。
Setting 言語の設定などを行います。

アプリケーションの使用権限について

ストレージ

作成したロボットプログラムをストレージに保存するために使用します。
(USBストレージの内容の読み出し、USBストレージの内容の変更・削除)

Location

Bluetoothを使ってKeiganMotorを検出し、接続するために使用します。
(KeiganMotorの検出と接続)

バックグラウンドの位置情報

KeiganCoreが使用されていない場合でも、Bluetoohを使用したKeiganMotorへの接続を維持するために位置情報を収集します。

ネットワークアクセス

以下の機能に必要です。

  • KeiganCoreサポートサイトへの接続
  • ロボットのテンプレートファイルのダウンロード
  • 広告用のIDや個人情報は使用しません。
 
Storage (read contents of USB storage, modify or delete contents of USB storage)
We use it to store the robot program we created in the storage
Location (detect and connect KeiganMotor)
Used to detect and connect to KeiganMotor using Bluetooh.
Background location information (KeiganMotor connection)
Even if KeiganCore is closed or not in use
Gathers location information to maintain connection to KeiganMotor using Bluetooh even when KeiganCore is closed or not in use.
Other (full network access)
This is required for the following functions

・Connect to KeiganCore support site
・Download robot template files
・ID and personal information for advertising not used.