KeiganMotor は、有線によるコントロールを可能にするためUSB Micro-B ポート と I2C ポート(2個共通バス)を有しています。

USB PC等と、USB Type-A to micro-B ケーブル等で接続
I2C マイコンボード(Arduino, Raspberry pi 等)と接続

 

I2Cポートのコネクタは 日本圧着端子(JST)のZHコネクタ: S4B-ZR-SM4A を使用しています。
適合するハウジングは、同社製 ZHR-4 となります。

 

有線ポートへのアクセス

2021.10.20以降は以下「新」の通り、カバーを開けずにポートへ接続できます。

0011.jpg

2020.10.20以前の製品の場合、以下を参照してコネクタカバーを外して下さい。

コネクタカバーの取外し方法

  1. 精密ドライバーでコネクタカバーを固定しているネジを外します。
  2. コネクタカバーのネジが付いていた側をつまみ、反対側を支点にしてコネクタカバーを外します。
  3. コネクタカバーを引き抜きます。
コネクタカバーのネジがローターに磁力で吸着する恐れがありますので、ネジを外す際には必ず指でネジを押さえてください。

 

有線ポートの詳細

コネクタポートを外すと下図のコネクタがあります。(I2Cポートのピン配置は下図参照)
※ 5Vラインは、I2C通信を行う場合は接続しないでください。KeiganMotor または 接続機器が破損する場合があります。
本ラインは、圧 5V / 消費電流 60mA 以下のセンサーに電力を供給する場合にご使用頂けます。

 

I2Cポートをデジタル入力として使用する

ファームウェア ver 2.42 以降より、I2Cポートはセンサーやボタンなどのデジタル入力に使用することができるようになりました。
それぞれアクティブロー(デフォルト High, センサーからの Low で検知)入力として使用可能です。
デジタル入力の機能は主に KeiganMotor とセンサーを直接つないで、外部コントローラなしにシステムを構築するために使用します。


詳細は【KMQuick】を参照ください。

SDA デジタル入力 D0
SCL デジタル入力 D1
※ I2C通信とデジタル入力は同時使用できません

 

オプション品:センサー

センサテック社光電センサーとKeiganMotor のデジタル入力 D0, D1 に簡単に接続するためのケーブルをご提供できます。
【こちら】を参照ください。

 

有線通信時の設定

USBシリアル通信時のデフォルト設定

 

Baudrate 115200
Data Bits 8
Parity: none
Stop Bits: 1
Flow Control CTS on, RTS on(ハードウェア)

I2C通信時のデフォルト設定

 

KeiganMotor スレーブアドレス 0x20

 

(I2CSlaveAddres コマンドにより変更が可能です)