内部の仕組み上で制限はありません。
2週間程度の連続稼働実験を行っているほか、プラントで1週間程度の連続稼働で使用頂いています。